後遺障害―テクノロジーの進歩が防げなかったもの

テクノロジーの進歩、私達の生活、そして人生…それら3つは、容易に密接して社会を作ってきたものと言えます。テクノロジーの進歩があったからこそ、私達の生活が変わり、人生が変わりました。私達の生活が無ければ、人生もなく、テクノロジーの進歩もありませんでした。人生もまた、同じです。それらが向上させてきたものは、私達の人生そのものを充実させてきた、ということです。いわゆる、『生きやすく』させてきた、と言えます。生きやすい、という言葉は少し語弊があるかもしれませんが、そのくらい私達の生活が進歩したテクノロジーに支えられていると言っても過言ではありません。進歩したテクノロジーの中には、交通手段、があります。と言っても、飛行機や船という話ではなく、もっとも私達とかかわりの強い手段です。それは、自動車です。私達が乗る車は、より私達が乗りやすいように…いわば、「生きやすい」ように進歩してきました。そうすることによって、私達の生活も豊かになったのです。

しかし、車は私達の生活を良くしただけではありません。それを活用する人の使い方によっては、それが本来の目的とは、まったく正反対の役割をするもの、命を脅かすものになってしまうことがあるのです。それによって、後遺障害などを背負って今までの人生とは異なった歩み方を強いられることがあります。車は、良い用い方をすれば、進化したテクノロジーの一辺を見られるものですが、間違えて用いられたとき、それは凶器に変わります。