安全に用いるからこそ

交通事故で、誰かを巻き込んでしまった場合、そこには必ず被害を受けた人がいるわけで、やはり私達はその事態に多かれ少なかれ対応しなければなりません。いえ、対応するべきなのです。しかし、出来れば私達はそういった事態に遭遇したくない、誰かに後遺障害を負わせるような事態にはなりたくない、と思うことでしょう。それは、当然のことです。そしてそれは、自分が遭わなければそれで良い、というわけではなく、自分も含めて、多くの人が交通事故とは無縁の社会、それによって障害を負ってしまうことが無いような社会にしてほしい、と思うことでしょう。実際のところ、そういった技術は開発されてきています。最近では、いわゆる『危険予知』や『自動運転』といった技術が進んできました。もし運転手が眠ってしまっても、車のシステムが勝手に判断しブレーキなどを行ってくれる技術、それだけでなく、実際に発射場所から目的地まで、信号や周囲状況の判断なども含めて、ほぼすべてを自動で行ってくれる技術、それらが注目されています。

それらが進んでいくことが、いわゆる『事故やそれによる後遺障害が減ること』…いえ、ゼロになることに、直結するようなものとなっていくことが願われます。